Lineup

OSAKO製品

中綴製本機械ライン

Osakoオリジナル特別仕様と周辺機器

Infix Blinding Machine

中綴製本機械ライン

Tener Alpha

⾼⽣産性と⾃動化を進化させたハイエンド中綴機。
全⾃動超⾼速中綴機械ライン。

テネールは次世代の製本⼯程を考え、検査装置の充実や⾃動化による製本効率に、
製本機としての付加価値を更に拡張させたハイエンド中綴製本ラインです。

368

高速回転で安定した作業性と高生産性を誇る
OSAKOのロングセラー

高速で安定した作業性と高い生産性能を誇るOSAKOの旗艦機種。
安全性と使いやすさを重視して作られており折丁のサイズ変化にともなう準備段取り・切り替えも短時間で可能です。30年に渡って革新を続けてきた事実―信頼の名機の証です。

Estar

⾃動化、⽣産性、コストパフォーマンス三位⼀体。
ミドルクラス中綴じ機。全⾃動⾼速中綴機械ライン。

Tener Alpha・368の間を埋めるミドルエンド中綴製本機ライン。
Osakoの「汎⽤性」「使い易さ」「価格」「信頼性 」総てを兼ね備えます。
エスタールは、この4つのコンセプトを柱に開発された中綴製本ラインです。

OSAKO Original

OSAKOオリジナル特別仕様と周辺機器

OTF型⾃動給紙付 ⾼速三⽅断裁機

中綴じ・無線綴じ選ばず折丁を三⽅断ち

お客様⼯場においてフロア設置スペースが限られる場合、中綴機ライン+三⽅断裁機でフルレイアウトが困難です。
その場合、中綴機ラインから三⽅断裁機ユニットと排紙装置(コンベア)を別置きし単独配置することが可能です。
この三⽅断裁機<=製品名:OTF>には独⽴したフィーダーを装着、⾼速で1部1部ずつ折丁を給紙し、正確精緻にスタックした本を断裁できます。⼀般的に複数本を纏めてスタック断裁する無線綴⽤断裁機より、はるかに効率よく⾼速且つ正確に断裁できることが同製品のメリットです。
また、中綴じ・無線綴じ、いずれの⼯程によらず製本された折丁を断裁できる利点があります。

ORC-310A型表紙折掛機 (プレスローラー付仕様)

より厚い紙をしっかりと折る

標準の折装置にプラスする事で、より厚い紙をしっかりと折る事の出来る表紙折掛機です。
折り厚の調整も簡単に操作出来ます。

デバイスカッター

折丁の厚さによる背むしれ防⽌⽤カッター

デバイスカッターを取り付ける事により、むしれや破れを防ぎ、商品価値を損ないません。
(OT-2000・OT-327対応)